ロレックスオーバーホールのイメージ

ごあいさつ

ようこそ、ヒラノウォッチ ロレックス オーバーホール専門ページへ

ロレックスのーバーホールやメンテナンスについてご理解を深めて頂くために、ロレックス オーバーホール専用のホームページをオーバーホールや修理中心ページ以外に作りました。
お手持ちのロレックスの機種や部品は何が使用されているか、どのようなロレックスのオーバーホール方法がお客様のロレックスに最良かということを詳しく解説します。

また、チュードルなどの修理・オーバーホールも是非、ヒラノウォッチ リペアサービスページ をご利用下さい。


 

最新情報&更新情報

メンテナンス・修理の進捗状況はfacebookページ よりご覧頂けます。

2018.10.20
11月休業日のお知らせ 11月の休日はカレンダー通りです。

2018.9.20
10月休業日のお知らせ 10月の休日はカレンダー通りです。

2018.9.10
9月11日(火)は臨時休業となります。

2018.8.20
9月休業日のお知らせ 9月の休日はカレンダー通りです。

2018.7.20
8月休業日のお知らせ 8月13日(月)、14日(火)、15日(水)はお盆休みとなります。

2018.6.20
7月休業日のお知らせ 7月12日(木)、13日(金)は臨時休業となります。

2018.5.20
6月休業日のお知らせ 6月1日(金)は臨時休業となります。

2018.5.10
ヒラノウォッチ ロレックス オーバーホール専門ページを開設いたしました。

 

ロレックスのオーバーホール料金

ヒラノウォッチ リペアサービスでは全国対応の無料梱包キットにて、ロレックス オーバーホールを承っております。
大切な時計は万が一の盗難や火災、また輸送時の紛失に備え全ての補償・弁済を可能な保険に加入しております。

修理料金(2017年7月31日現在)
 モデル名  料  金
・エアキング
・オイスターパーペチュアル
・エクスプローラーT
・サブマリーナ
 22,000円 
・オイスターパーペチュアルデイト
・デイトジャスト
・サブマリーナデイト
・シードゥエラー 
 23,000円 
・エクスプローラーU
・GMTマスター
・ヨットマスター
 24,000円 
・デイデイト
・ミルガウス
 25,000円 
・デイトナ
 45,000円 

※こちらのリンクよりヒラノウォッチHPにある「ロレックスの修理実例」をご覧頂けます。
(部品の破損や腐食の度合いにより料金は異なります)。

ロレックス オーバーホールの際には出来る限り無料でキズ取り研磨をいたします。
正式なお見積りをお伝えして進行指示を受けてからの作業着手となります。


TAG index


ロレックス オーバーホール

ロレックスのオーバーホールは8つの工程より行われます。


【1-ケースの分解】

分解した画像

【2-ムーブメントの洗浄】

洗浄前の部品


【3-ゼンマイ交換】

ゼンマイ交換画像


【4-ムーブメントの注油と組み立て】

機械に注油中


【5-ムーブメント単体チェック】

ムーブメントのチェック画像


【6-ケースとブレスレットの研磨仕上げ・洗浄】

ケース研磨画像


【7-防水検査】

防水検査画像


【8-タイミング調整・最終品質検査】

最終チェックの画像



ロレックスオーバーホールの工程説明


@ケースの分解
ケースの分解画像
ロレックスは大まかに3つの部品構成となっています。
  1.  T.ムーブメント
  2.  U.ケース
  3.  V.ブレスレット
オーバーホールをする前にそれらを分解します。



Aムーブメントの洗浄
機械洗浄の画像
ロレックスの機械は高精度の部品により構成されます。
しかし高精度の機能維持にはにロレックスのオーバーホールが欠かせません。
全ての部品の劣化した油を洗浄します。




Bゼンマイ交換
ゼンマイ交換の画像
ムーブメントの洗浄の際には必ずゼンマイを交換します。
毎日使われ続けるゼンマイには多大なストレスがかかりますのでロレックスのオーバーホールの際には必ず交換します。
弊社では次回ロレックス オーバーホール時まで、ゼンマイ切れを回数に関係なく無償で交換しています。




Cムーブメントの注油と組み立て
注油と組み立て画像
洗浄した部品は組み立てながら注油して行きます。
各部品は高精度・高品質ですが、ロレックスのオーバーホールを行わずに油切れの状態で継続し使用した場合、部品の摩耗が進みます。
部品によっては一度摩耗してしまうと本来の性能を維持できなくなります。




Dムーブメント単体チェック
機械のチェック
テスターでムーブメントの各数値を確認後、文字盤と針を装着します。
ロレックスの場合ビンテージモデルでなければオーバーホール後は進みが1日10秒以内に収まります。




Eケースとブレスレットの研磨仕上げ・洗浄
外装の研磨画像
ロレックスのオーバーホールはムーブメントだけではありません。
外装を研磨・洗浄をします。
ロレックスのオーバーホールを手がける多くの業者は、外装に関しては洗浄のみで研磨は別料金です。
弊社でのロレックスのオーバーホールの際には無料キズ取り研磨のサービスを行っております。




F防水検査
防水検査の画像
ロレックスの各モデルは高い防水性を誇ります。
ですがパッキンが劣化していると防水性能が落ち高い防水性を維持出来なくなります。
ロレックスのオーバーホール時には必ずパッキンを交換します。
交換後にケースを組み立てて防水性能が確保されているか防水検査をして確認します。




Gタイミング調整・最終品質検査
最終検査の画像
研磨・洗浄されたケースにムーブメントを収めて最終精度調整をします。
調整後にワインディングマシンに掛けて最終テストをします。
問題なければブレスを装着してお客様に作業終了のお知らせをお伝えします。



TAG index


ロレックス

【ディテールについて】
ここでは、ロレックスの外観における主なディテールについて解説します。
ロレックスのオーバーホールをご依頼されるにあたり、ディテール用語を理解していると円滑でスムーズな依頼進行が可能となるだけでなく、ちょっとした腕時計の共通知識としても役立つ事もあります。
ロレックスのオーバーホールはムーブメントだけではなく外装も含まれますので、これらを知ることは機械式時計のオーバーホールを知る上での一歩となります。



ディテール紹介図



ブレスレット
金属製のバンドのことでブレスと略されて呼ばれる場合が多いです。
バンド・ブレス・ベルトなどは全てこの部分を指します。
ロレックスのブレスは何種類かありますので詳しい解説はこちらの専用ページにてご参照下さい。



ラ グ

ケースと呼ばれる時計本体の足の部分のことで、ケースとブレスをつなぐ役割を担っています。
ほとんどの場合バネ棒(スプリング内蔵のパイプ)を使用して固定します。
日本ロレックスはオーバーホールの際に交換しますが、使用可能な場合は交換する必要はありません。


 針 

ムーブメントの軸芯に固定され、回転しながら時刻を指し示す針状の部品です。
時針(短針)・分針(長針)・秒針を基本としてGMT時間を示すタイプやストップウォッチの働きをするものもあります。
日本ロレックスは夜光が古いトリチウム(放射性物質)の場合は交換を条件にオーバーホールを受け付けています。


文字盤

ダイヤルと呼ばれることが多く時計のイメージを決定付けるパーツです。
文字盤も針と同様に日本ロレックスは夜光がトリチウムですと状態により交換がオーバーホールを受け付ける条件となります。


ベゼル

風防を固定させるリング状のパーツです。
ここは文字盤の次に目立つ部分ですので表面が平らなスムーズベゼル・ギザギザのピラミッドベゼル・回転するエンジンターンドベゼルでは雰囲気が違います。

風 防

文字盤・針を主とした内部部品を保護するケース前面に設置された透明板のことです。
ロレックスは新しいモデルはサファイアクリスタル製で古いビンテージはアクリルプラスチック製です。
日本ロレックスはオーバーホールの際にプラスチック風防は交換が必須となります。


インデックス

文字盤に設置された時刻を表すマークのことです。
立体的なアップライトと 印刷によるプリントタイプに大別出来ます。


デイト表示窓

日付表示用の小窓のことです。
ロレックスは風防の小窓前面部に拡大レンズをつけることにより視認性を高めています。
拡大レンズはサイクロップレンズと呼ばれています。


リューズ

ゼンマイの巻き上げや時刻調整など機械を手で操作するために用いられる部品です。
ロレックスは一部のビンテージを除き防水性の高いねじ込み式リューズを採用しています。
日本ロレックスはオーバーホールの際にこのリューズとケース側のリューズがかみ合うチューブという部品を必ず交換するのでメーカーメンテナンス費用は高額となります。


ケース

ムーブメントを内蔵する時計本体のことです。
ロレックスはスクリューバックと呼ばれる方式で裏蓋を閉めるオイスターケースとねじ込み式リューズを組み合わせることで高い防水性能を確保しています。

TAG index


アクセス

◇ 周辺地図


 住  所   〒130-0021 東京都墨田区緑4-11-3 デ・リード錦糸町
 交通手段   錦糸町駅より徒歩9分。
 都営新宿線菊川駅駅より徒歩11分。
※お持込みのお客様はお手数ですが、必ずお電話でご連絡の上ご来店下ささるようお願いいたします。
ヒラノウォッチ リペアサービス
営業時間 AM11:00〜PM8:00
TEL 0120-39-7064

TAG index


無料梱包キット

お手元の時計の修理・オーバーホールをご依頼・お見積りの際に無料梱包キットをご利用頂けます。
また 時計の精度納期について は必ずお読み下さるよう宜しくお願い致します。 特定商取引法表示にも重要な情報がございますのでそちらもご閲覧下さい。
入力フォーム画像 @フォームに必要事項を記入して下さい。
梱包キット外装画像 Aご自宅に無料梱包キットが届きます。
梱包キット中身画像 B時計を梱包します。
-1-同封のエアパッキンに時計を包みます。
-2-緩衝材が入った発砲スチロールの箱に入れます。
-3-送られてきた際の段ボール箱に、再び入れて梱包します。
※発砲スチロールの箱に送り状は貼らないで下さい。
送り状画像 Cご依頼主の欄に記入して頂いて佐川急便に電話で集荷依頼をして頂ければ終了です。

※別途保険に加入しているので保険金額を記入しないで下さい。
時間指定シール画像 Dお届け時間帯も指定出来ますのでフォームにご希望の時間帯をご記入下さい。

輸送状況はこちらより確認出来ます。
Eご確認下さい。            
  • 携帯電話のアドレスのお客様はお手持ちの携帯電話の設定を今一度ご確認下さいませ。お問い合わせに返信しても届かない確率が非常に高いです。 PCのメールもフィルターにかかって届かない場合がございますのでご確認下さい。
  • フォームから送信後に受付の自動配信メールがすぐに届かない場合こちらが返信しても届きません。
  • 沖縄県及び離島は無料梱包キットの発送しておりません。誠に申し訳ございませんが送料はお客様ご負担でお送り下さい。
  • またお客様のご都合によりキャンセルされた場合は着払いでの返却発送となります。
  • 新品仕上げや部品交換などの『部分修理』でもご利用頂けます。
 無料梱包キット申し込みフォーム  

TAG index


お問い合わせ

フリーダイアル フリーダイアル0120-39-7064
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

 メールお問い合わせフォーム  

ヒラノウォッチ リペアサービス
 営業時間 AM11:00〜PM8:00 

▲top